■Q1.亡くなったらご遺体はどうするの?
 ■A1.病院で亡くなった時は、遺族の意向により自宅又は葬儀式場等に搬送します。
 
 ■Q2.自宅で亡くなったときはどうするの?
 ■A2.加療中の時は、主治医を、突然の時は救急車を呼びます。
      ☆まめ知識: 死亡を確認されたら救急車では搬送できません。
 
 ■Q3.遠方でなくなったときはどうするの?
 ■A3.遺体のままで搬送することも出来ます。
      船、又は飛行機になりますが?、時間のかからない飛行機の方が適しているでしょう。
      ☆まめ知識: 死亡後の人体は、貨物扱いになります。
 
 ■Q4.死亡届はどこに出すの?
 ■A4.生前、住民票の籍のあった役所に届けます。
      ☆まめ知識: 様々な身辺整理を済ませてから、届け出るのも一案でしょう。
 
 ■Q5.それでは利用する火葬場は住民票の籍のあった所でなければならないの?
 ■A5.いいえ、火葬場はどこでも申し込めます。
      ☆まめ知識: 住民票の籍のあった所以外を利用すると、火葬料金がかかることがあります。
 
 ■Q6.葬儀社と遺体搬送業者って別なの?

 ■A6.葬儀会社さんも搬送をしますが専門にしているのが霊柩車会社札幌自動車です。

 
 ■Q7.直接でも頼めるの?
 ■A7.勿論です。葬儀会社さんに搬送業者を指定することも出来ます。
 
 ■Q8.火葬場への道でよく見かけるのはバスですが、御遺体は何処に?

 ■A8.バスに御遺体を安置するところがあるのです。当社では、種々の宮型、或いは

  4,5名が一緒に乗車できるリムジン霊柩車をお勧めしています。
 
 ■Q9.リムジン、宮型霊柩車を頼むと高くなりそうですが?

 ■A9.はい、たしかに別料金となりますが、バスとのセット割引もございますので、

  それほど割高にはなりません。
 
 ■Q10.葬儀会社を知らないのですが、その場合はどうすれば良いですか?

 ■A10.当社は昭和28年創業以来、たくさんのお取引会社がありますので、

  ご紹介もできます。
 

 
★遺体搬送は個人でも出来ることになっていますが、経験を積んでいる専門業者に依頼した方が安全に、丁寧に搬送して貰えるでしょう。

★リムジン霊柩車は柩の他に、4人程同乗出来るので身近な遺族だけで、人生最後に心残りなくお見送りができます。
又、当社ではご遺族様のお体を思い、リムジンの往復をおすすめ致しております。
 
Copyright2001 札幌自動車株式会社  ※ ご意見・ご要望は e-mail:info@satuji.co.jp まで